情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

12/07/05

共有システムに全国の拠点端末ごとに異なる制御をかけたい

全国展開している各店舗端末から、センター本社の受発注システムを利用しています。各端末画面に表示された利用データのコピー/画面キャプチャーや、端末からの帳票出力を禁止したいが、一部の端末は許可する必要もあり、悩んでいます。

PC単位でのポリシー適用なので、保護する内容や範囲を自由に設定できる

「コプリガード」は、PC単位でポリシーを適用できるところに利点があります。各拠点の必要に応じた保護ポリシーが作れる柔軟性が使いやすいです。

保護ポリシーは、管理者が、データコピー/印刷/画面キャプチャー/プリントスクリーンなどの禁止項目から選ぶだけで作れます。作ったポリシー通りに制御するためのインストーラーを、コマンドから簡単に出力でき、特別な知識や操作は必要ありません。

インストーラーを配布し、各拠点の端末にインストールすると、設定したポリシー通りに、コピー禁止や帳票出力禁止に制御されます。

共有システムに全国の拠点端末ごとに異なる制御をかけたい

<導入製品>
・コプリガード 基本パッケージ+保守
・コプリガード ライセンス+保守

「コプリガード」は、パソコンやファイルサーバーからのファイルコピー/印刷/画面キャプチャー操作などを禁止する情報漏洩対策ソフトウェアです。
製品詳細はこちら

※記載された製品名または社名は、各社の商標または登録商標です