情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

08/06/06

【ニュースリリース】情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster for Document」が茨木市教育委員会で採用決定

株式会社ティエスエスリンク(代表取締役社長:北村佳子、徳島県徳島市、以下TSS LINK)の情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster for Document」(一太郎対応版)が、茨木市教育委員会の情報セキュリティ対策強化のため採用されることが決定しました。2008年度 夏から運用開始されます。

同教育委員会では、昨今より教職員および校内外における情報セキュリティ対策を重要課題としており、「Pirates Buster for Document」が簡単に導入および運用でき、高い安全性のもと職員の効率改善を実現できる情報漏洩対策ソフトであると、高い評価をいただきました。同教育委員会は、情報セキュリティ対策の有効な手段として、当ソフトを採用することで、一層、教職員や学校関係者の安心感を高めることを目指されています。

[製品概要]
■製品名

Pirates Buster for Document (パイレーツ・バスター・フォー・ドキュメント)

■製品構成
・ユーザ管理アプリケーション「User Manager」
・自動暗号化フォルダ管理アプリケーション「Folder Locker」
・暗号化ファイル管理アプリケーション「Data Locker」
・暗号化ファイル利用アプリケーション「Secure Viewer」
・ポリシーサーバ

■特長
・ファイルをフォルダにコピーするだけ、右クリックするだけで簡単暗号化
・印刷/コピー等の利用権限、セキュリティポリシーは、テンプレートで簡単設定
・たとえファイルが流出しても、管理者側で利用制御できる
・利用者側のメニューやキー操作を制御し、画面からのコピーも防止

■価格
・基本パッケージ50万円(税別)
※別途ユーザライセンス費/保守費が必要です
※場合によりカスタマイズ費用などが必要です

■対応ファイル形式
・Microsoft Officeファイル、PDF、CSV、TXT、動画、静止画
※一太郎ファイルに対応予定
※「簡易暗号化」は全ファイル形式に対して可能

■動作環境
・User Manager対応OS: Windows Vista、XP Pro / Home、2000 Pro、Windows Server 2003 /Storage Server 2003、2000 Server
・Folder Locker対応OS: Windows Vista、XP Pro / Home、2000 Pro、Windows Server 2003、2000 Server
・Data Locker対応OS: Windows Vista、XP Pro / Home、2000 Pro
・Secure Viewer対応OS: Windows Vista、XP Pro / Home、2000 Pro
・ポリシーサーバ対応OS: Windows/Linux
※詳細はWebをご覧ください http://www.pb-security.jp/

[TSS LINKについて]
TSS LINKは、デジタル情報を安全に活用するためのソフトウェアやサービスの開発および提供により、誰もが意識せず安心してコミュニケーションできる社会の実現に取り組んでいます。
2008年4月設立  代表取締役社長 北村 佳子 資本金1,200万円。 http://www.tsslk.jp/

[発表に関する報道関係からのお問い合わせ先]
営業部  E-mail: pb@tsslk.jp
TEL: 088-602-0170、FAX: 088-602-0172

[製品に関するお客様からのお問い合わせ先]
営業部   E-mail: pb@tsslk.jp
TEL: 088-602-0170、FAX: 088-602-0172
製品サイト:http://www.tsslk.jp/pb/

*本文に記載されたすべてのブランド名とその商品名は、それぞれ帰属者の登録商標または商標です。