情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

12/07/30

文書管理システムとの連携セキュリティ対策 [情報/通信業]

文書管理システム「PROCENTER」と連携できるセキュリティ対策をお探しのシステム担当様からお問い合わせがあり、導入いただきました。

社外パートナーと共有するファイルの情報漏洩対策が必要

当社では、製品開発業務を外部委託しています。製品設計書やテスト仕様書などをやり取りする際は、社外パートナーとして契約書ベースのセキュリティ対策を行っていましたが、情報漏洩リスクが経営課題となり、安全性の高い情報漏洩対策を検討していました。

設計書や仕様書など文書はすべて、文書管理システム「PROCENTER」で一括管理しているため、「PROCENTER」と連携できる情報漏洩対策ソフトを探していました。

文書管理システム「PROCENTER」と連携したセキュリティ対策ができる

導入ポイントは以下の点でした。

  • 「PROCENTER」と連携して利用できること
  • 社外と共有する文書を、暗号化で持ち出し制御(印刷/保存/画面キャプチャ不可)できること
  • 相手先により制御する内容を変えられること
  • 暗号化した文書ファイルを添付したメールの誤送信まで防止できること

※「PROCENTER」(株式会社NEC情報システムズ)は、業務で発生する様々なデータを一元管理し、アクセス権やバージョンの管理により高セキュリティな情報共有環境を実現する文書/コンテンツ管理システムです。
PROCENTERの詳細はこちらをご覧ください。

社外に安全にファイルを提供できるようになった

これから新規に作成するファイルについては、「パイレーツバスター Doc」の自動暗号化フォルダ(Folder Locker)で暗号化し、「PROCENTER」に登録するセキュリティ方針を決定しました。ファイルを自動暗号化フォルダにコピーするだけで、閲覧/編集/印刷などの利用権限が自動的に設定されて暗号化されます。この暗号化ファイルを提供することで、社外パートナーと安全なやり取りが可能になりました。

暗号化ファイルを開くときには、ポリシーサーバでユーザ認証と利用権限チェックが行われるので、たとえ利用権限を持たない第三者へ、故意にファイルが渡ったり、誤ってメール送信したりといった事態が発生しても、ファイルの安全性を確保できます。

また、これまでに作成してきたファイル資産については、すべてのファイルを暗号化して掲示するのは手間がかかるため、「パイレーツバスター WebDoc」を導入し、暗号化が必要なファイルだけを「PROCENTER」に掲示する運用にしました。「PROCENTER」からダウンロードする時に自動的に暗号化されるため、暗号化作業が不要で手間が省けます。

しかも「PROCENTER」上には平文ファイルのまま掲示しているため、そのままで全文検索ができるという点が、非常に便利でした。

<導入製品>
・パイレーツバスター Doc 基本パッケージ+保守
・パイレーツバスター Doc ユーザライセンス350+保守
「パイレーツバスター Doc」は、ブラウザに表示されるワード/エクセル/パワーポイント/PDF/画像/動画ファイルなどを暗号化し、印刷やコピーなど利用制御して、データの二次利用を防止する製品です。
製品詳細はこちら

・パイレーツバスター WebDoc 基本パッケージ+保守
・パイレーツバスター WebDoc ユーザライセンス750+保守
「パイレーツバスター WebDoc」は、Webシステムからファイルがダウンロードされるときに自動的に暗号化し、ダウンロード後のファイルは印刷やコピーなど権限を与えられた人しか利用できず、情報の不正利用を防止するソフトです。
製品詳細はこちら

※記載された製品名または社名は、各社の商標または登録商標です