情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

12/07/30

基幹システムから出力される業務データの情報漏洩対策 [旅行/運輸業]

旅行に関する予約システムのシステム担当様からお問い合わせいただき、導入いただきました。

システムから出力されたデータの内部漏洩対策が課題

当社では予約いただいた旅行者の個人情報をシステムで管理し、全国の拠点からオンラインで共有しています。その情報漏洩対策を探していました。

システム要件としては、予約システムから出力されるデータの閲覧はできるが、コピーや印刷などデータ流用を禁止できること、そのために必要な暗号化処理は、当社の予約システムと連携して自動的に行えることでした。

予約システムと連携して自動的に暗号化処理ができる

導入ポイントは以下の点でした。

  • 運用中の予約システムと連携して出力データに暗号化処理ができる
  • 高い暗号化技術(AES128bit)でセキュリティを保持できる
  • 閲覧のみ可能で、コピー禁止/印刷禁止にできる
  • 万が一の時に備えてログが必要

自動暗号化フォルダに当社システムを連携し自動的に暗号化

予約システムから出力したデータを、「パイレーツバスター Doc」で作成した自動暗号化フォルダに出力することで、自動的に暗号化処理を行えるようにしました。

自分たちでいちいち暗号化する作業が不要なので、従業員のPCスキルの差異によらず業務の中でそのまま完結でき、利便性がよいです。

自動暗号化フォルダには、マネージャー以上のみ閲覧でき、かつコピー不可/印刷不可で暗号化するように設定しました。マネージャがファイルを閲覧するときも、パスワードを入力しないと開けないため、万が一、データが流出した場合も第三者は開くことがでません。しかも、そのアクセス状況はログで確認できる利点があります。

<導入製品>
・パイレーツバスター Doc 基本パッケージ+保守
・パイレーツバスター Doc ユーザライセンス250+保守

「パイレーツバスター Doc」は、ブラウザに表示されるワード/エクセル/パワーポイント/PDF/画像/動画ファイルなどを暗号化し、印刷やコピーなど利用制御して、データの二次利用を防止する製品です。
製品詳細はこちら

※記載された製品名または社名は、各社の商標または登録商標です