情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

13/10/28

共有サーバーからのファイルコピーを禁止したい

サーバーの共有フォルダーで、製品の機密情報や、営業の売上、顧客情報などを社内で共有しています。共有することで利便性はあるものの、データ自体の持ち出しリスクが高いことを懸念しています。利便性と安全性の両立が、情報漏洩対策ソフトの条件です。

利便性を低下させずに、ファイルの安全対策ができる

「コプリガード」は、ネットワーク上の共有フォルダや固定ドライブ内の特定フォルダを「重要領域」に指定しておくと、そこから他へのファイルコピーや保存を禁止できるため、まず指定した重要領域に重要なファイルを集めました。

禁止したい動作は、管理画面で既定ポリシーから選ぶだけで、スムーズに設定できました。
ファイルの閲覧は許可、コピーや移動・保存など持ち出す動作を禁止という運用は、よくある一切持ち出し禁止のような利便性の低下がなく、安全性を高めることができる対策として有効でした。

他に、メール添付禁止やファイルアップロード禁止、外部メディアへのコピー禁止など、必要に応じて設定でき、セキュリティレベルを上げることが可能です。
共有サーバーからのファイルコピーを禁止したい

<導入製品>
・コプリガード 基本パッケージ+保守
・コプリガード ライセンス+保守

「コプリガード」は、パソコンやファイルサーバーからのファイルコピー/印刷/画面キャプチャー操作などを禁止する情報漏洩対策ソフトウェアです。
製品詳細はこちら

※記載された製品名または社名は、各社の商標または登録商標です