情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

12/09/27

BIシステムを利用して利益管理する際のセキュリティ対策 [卸売業]

BIシステム構築に合せてセキュリティ対策を進めるご担当様に、「パイレーツバスター AWP」を導入いただきました。

BIシステムで利用する売上データを安全に活用したい

当社では、基幹システムのデータを経営戦略に活用するために、BIシステムの導入計画を進めています。BIシステムにより、受注、進捗、売上までデータを一括管理しながら分析できる環境が整うため、同時にそれらデータを安全に活用するための情報セキュリティ対策が不可欠です。

BIシステムに手を加えることなく組み合わせて導入できる

導入ポイントは以下の点でした。

  • BIシステムに組み合わせて導入できる
  • 経営層、管理職、営業など役割や目的によって、コピーや印刷など異なる利用制御をしたい
  • PrintScreenキーや画面キャプチャにも対策できる

フィルター型サーバで簡単に設置できスピーディに対策できた

計画しているBIシステムに手を加えることなく導入できることも要件のひとつだった。「パイレーツバスター AWP」はフィルタ型サーバなので、システムサーバとクライアントの間に設置するだけで、サーバをまるごと保護でき、導入作業がとにかく簡潔でした。

BIシステムのセキュリティ対策の要件として、集計/分析したデータの表示について、経営層は[制限なしで利用]、管理職は[編集はできるが印刷は不可]、営業は[閲覧のみ可]と、役割や目的による利用範囲の制限が必要でした。この点は、併せて導入した「ポリシーサーバオプション」によって、利用者や部署/役職単位で利用制限を行うことで対応できました。

他に、PrintScreenや画面キャプチャのリスクに対しても、PrintScreenキーが無効化できたり、4,900種以上ものキャプチャソフトに対応した画面キャプチャ防止機能があるので、表示データの保護が可能となり、セキュリティレベルが上がりました。

また、各クライアントのブラウザキャッシュやサーバとの通信経路も暗号化されています。不正なアクセスに対しても防止できるのは大きなメリットです。

<導入製品>
・パイレーツバスター AWP (Model 1000)+保守
・パイレーツバスター AWP ポリシーサーバオプション+保守

「パイレーツバスター AWP」は、ブラウザに表示されるHTML/PDF/ワード/エクセル/パワーポイントファイルなどの印刷/コピー/ダウンロード(保存)を利用制御して、データの二次利用を防止します。「ポリシーサーバオプション」によって、部署や利用者単位で利用権限を設定できるようになります。
※「ポリシーサーバオプション」は、「クライアント管理オプション」に製品名が変わりました。
製品詳細はこちら

※記載された製品名または社名は、各社の商標または登録商標です