情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

12/07/10

会員データベースの検索結果で表示される個人情報の漏洩対策 [サービス業]

大規模の会員情報を所有するサービス業の企業様から、動的な検索結果を守れる仕組みに評価いただき、導入いただきました。

動的な出力結果への情報漏洩対策をしたい

当社のデータベースでは、当社サービスに登録した会員の個人情報から様々な情報を検索し、求人データとマッチングできるシステムを運用しています。動的に出力される検索結果に対して、情報漏洩対策をかける手段を探していました。

暗号化することが必要なタイプでは動的なページまで保護できないし、特定のスクリプトの埋め込みが必要なタイプではWebサーバのシステム自体を改変する必要があるので、導入コストと期間がかかってしまうのが悩みでした。

動的に生成されるHTMLも保護できる

導入ポイントは以下の点でした。

  • 動的に出力される検索結果画面を保護できる
  • 既存サーバ側の改変が不要
  • 導入コストと期間の軽減化
  • 印刷/コピー/画面キャプチャー/PrintScreen禁止
  • ・利用者が使いやすい

データベース側の改変不要でスピーディに導入、トラブルもない

既存のデータベース側は何も変更する必要がなく、改変コストが不要だったことは大きなポイントでした。また、データベースを構築しているコンテンツサーバと、AWPサーバを、1台に同居させる構成にできたため、より導入コストを軽減できました。

評価時にAWPサーバの構築や保護設定は、用意されたマニュアルを参照して簡単に行えたので、導入を決定してから実作業して情報漏洩対策が完了するまで、スピーディでした。管理者の負担を軽減できたのがよかったです。

当サービス会員は会員数が多く、会員が使いやすいかどうか、導入後のトラブルがないかどうかも、導入の決め手でした。会員は通常通りに使うだけでよく、自動的に印刷/コピー/画面キャプチャー/PrintScreenが禁止されるので、評価時の想定どおり、導入後のトラブルがほとんどなかった点も高く評価します。

<導入製品>
・パイレーツバスター AWP (Model 5000)+保守

「パイレーツバスター AWP」は、ブラウザに表示されるHTML/PDF/Flash/ワード/エクセル/パワーポイントファイルなどの印刷/コピー/ダウンロード(保存)を利用制御して、データの二次利用を防止します。
製品詳細はこちら

※記載された製品名または社名は、各社の商標または登録商標です