情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

システム上でファイルを暗号化「トランセーファー 暗号化SDK」

<システムに暗号化機能を組込み>

<Adobe Acrobat DC / Reader DC <2017年4月リリース版>に対応した「Ver.1.0.1」を2017年4月26日に発売>
「トランセーファー 暗号化SDK」は、システムに組み合わせ、コマンドラインでファイルを自動暗号化するSDKです。

運用システムにセキュリティ機能を追加・拡張したい場合、一から機能開発するとコストや作業期間が大掛かりになります。しかし、既にあるセキュリティソフト(機能)を利用して組み込めば、コストも作業負担も大きく軽減でき、短期間で対策可能です。

業務システムや文書管理システムにファイル暗号化機能を組み込み

暗号化SDKを利用することで、たとえば、業務システムや文書管理システムなどへのファイルアップロードまたはダウンロード時に、暗号化SDKを呼び出し、コピー/印刷/保存禁止など利用制御されたトランセーファー形式の暗号化ファイルを作成するなどが可能です。

システム上では通常ファイルのままファイル検索を可能にし、ファイルをローカルへダウンロードする時だけ暗号化するなど、利用状況に応じた組み込みが可能です。
顧客情報・技術情報・企画書など、社内システムやファイルサーバーで共有する重要ファイルの管理について、スピーディにセキュリティ対策を実現します。

業務システムや文書管理システムにファイル暗号化機能を組み込み

  • 暗号化SDKを利用した暗号化の仕組み

    暗号化SDKには「コマンドライン暗号化ツール」を装備しています。サーバー上でコマンドライン実行することで、トランセーファー形式の暗号化ファイルを自動的に作成します。
    利用権限やパスワード・期限などの情報を設定ファイルに記述しておき、コマンド実行時に引数として指定することで、設定どおりの暗号化ファイルを作成します。

    ※設定ファイルに記述できる指定は、利用権限、パスワード、有効期限、期限切れファイル削除、透かし、端末情報などです。
    ※トランセーファー形式の暗号ファイルを作成します。トランセーファー Proには対応していません。

トランセーファー形式 暗号化ファイルのメリット

  • コピー/印刷禁止で二次利用を防止

    ファイルの閲覧だけ許可、コピー/印刷/編集/保存/画面キャプチャーを一切禁止など、データの不正な二次利用を防止できます。
    システムやサーバー上の重要ファイルを、ローカルで利用させるときの安全対策となります。
    コピー/印刷禁止で二次利用を防止

  • PDFやOfficeファイルに対応

    Microsoft Word / Excel / PowerPointやPDFファイルなど、ビジネスでよく使われるファイルに対応しています。

  • 利用者が使いやすい

    利用者はパスワードを入力してファイルを開くだけで利用制御されるため、使いやすく負担がありません。

  • 端末限定、有効期限の設定も可能

    利用端末の限定、ファイル有効期限の設定など、必要に応じてセキュリティ強度を高めることが可能です。

  • 管理者の運用負担を軽減

    ユーザー管理などは不要のため、管理者の運用負担を軽減できます。

  • 海外拠点で利用可能、オフライン利用も

    日本語環境以外にも対応し、海外拠点でのセキュリティ対策としても使えます。インターネット接続が不要のため、オフライン環境で利用できます。

お試しされたい方は

無償で機能をお試しいただける「評価版」をご用意しています。
ぜひお試しください。評価版のお申込みはこちら

導入やご購入について、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6257-3837
平日 9:00-17:30(土・日・祝日、指定営業日除く)
オンラインフォームはこちら