情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

製品タイプ

トランセーファー には、「トランセーファー BASIC」と「暗号化SDK」の2種類のタイプがあります。目的によって選べます。

「トランセーファー BASIC」

サーバーなしで、導入や運用の負担がありません

「トランセーファー BASIC」は、PCにインストールするだけで使える製品です。サーバー構築やユーザー管理などは不要で、導入に手間がかかりません。また、暗号化や閲覧の操作が簡単で、購入してすぐ使えるため、運用負担もありません。

閲覧ユーザーは無料で、導入コストを軽減できます

「トランセーファー BASIC」は、ファイルを暗号化するユーザーはライセンスが必要ですが、閲覧するだけのユーザー(社内外含む)のライセンスは不要で、閲覧ツールを無料配布しています。閲覧ユーザーが多い場合でも、導入コストを軽減できます。

利用フロー

<暗号化>ファイルをドラッグ&ドロップし、パスワード設定して暗号化
(暗号化者)ファイルをドラッグ&ドロップして、パスワード設定する

暗号化ツール「TSLocker」アイコンに、ファイルをドラッグ&ドロップします。「閲覧」や「閲覧印刷」など制限したい権限を選び、パスワードを設定して暗号化します。利用者に、暗号化したファイル、パスワード、閲覧ツール「TSViewer」ダウンロードURLを配布します。

※端末限定機能を利用すれば、利用PCを制限できるため、パスワードレス運用も可能です。

<利用>ファイルをダブルクリックして、パスワード入力する
(利用者)ファイルをダブルクリックして、パスワード入力する

閲覧ツール「TSViewer」をインストールし、配布された暗号化ファイルをダブルクリックします。パスワードを入力して開くと、ファイルに設定された権限(閲覧限定 / 閲覧+印刷 / 復号)どおりに利用できます。

※閲覧ツール「TSViewer」は、弊社サイトからダウンロードできます。
※端末限定機能を利用すれば、利用PCを制限できるため、パスワードレス運用も可能です。

「トランセーファー BASIC 暗号化SDK」

SDKでシステムに暗号化機能を組み込み、作業コストや負担を軽減

「トランセーファー BASIC 暗号化SDK」(以下暗号化SDK)は、システムに組み合わせ、コマンドラインでファイルを自動暗号化するSDKです。運用しているシステムにセキュリティ機能を追加・拡張したい場合、一から機能開発するとコストや作業期間が大掛かりになりますが、本SDKを組み込めばコストも作業負担も軽減でき短期間で対策できます。

業務システムや文書管理システムにファイル暗号化機能を組み込み

「暗号化SDK」にはコマンドライン暗号化ツールを装備しています。サーバー上でコマンドライン実行することで、トランセーファー BASIC形式の暗号化ファイルを自動的に作成します。
利用権限やパスワード・期限などの情報を設定ファイルに記述しておき、コマンド実行時に引数として指定することで、設定どおりの暗号化ファイルを作成できます。

※設定ファイルに記述できる指定は、利用権限、パスワード、有効期限、期限切れファイル削除、透かし、端末情報などです。
※トランセーファー BASIC形式の暗号ファイルを作成します。暗号化機能、閲覧はトランセーファー BASICと同じです。機能の詳細は、トランセーファー BASICの機能のご紹介をご覧ください。

トランセーファーの特長、比較、導入分野をご紹介

企業の情報漏洩対策ソフトとして多くのお客様に採用されている、その製品特長や導入分野をご覧いただけます。

ただいま、電話相談実施中!

お問い合わせ先

資料請求、ご質問、評価版のお申込みも承ります!

資料を今すぐ
ダウンロード!

  • カタログ(PDF / 見開き)
  • 説明資料(PDF / 26P)

機能や価格をご説明しています。お気軽にお申込みください。

ご質問も
ご遠慮なく!

このようなご質問をいただいています。

  • 社内配布する技術設計データ(PDF)を印刷禁止にできますか?
  • 取引先に提供する新製品情報を閲覧するだけにできますか?

評価版もすぐ
ご提供します!

  • 評価版では、全機能をご利用いただけます。
    ※ただし、評価版で暗号化したファイルは10日間しか利用できません。
    暗号化前の元ファイルは保管しておいてください。
  • 提供方法: プログラムのダウンロード。URLをメールでご連絡します。
  • 動作環境:Windows11 / 10 / 8.1、Microsoft Office、DocuWorks

機能や操作性をお試しください。

もっと詳しく

機能のご紹介

機能のご紹介 詳細はこちら

製品タイプ

製品タイプ 詳細はこちら

ヘルプ

ヘルプ 詳細はこちら

動作環境

動作環境 詳細はこちら