情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

18/01/23

顧客システムからローカルへ出力したデータの持ち出し対策

【業種】金融業
【目的】顧客システムからローカルPCへ出力したファイルの持ち出し禁止
【製品】コプリガード スタンダード版 75ライセンス

【課題】顧客情報の流出リスクを排除したい

顧客システムに蓄積されたデータ(csv)を出力して、Excelで使用しています。専用部署メンバー以外は利用できないようにアクセス制限していますが、内部からの不正アクセスなど想定外の要因での流出リスクはあります。重要情報である顧客の個人情報が社外に流出しないよう、至急対策を行いたい。

システムから出力したファイルを保護したい

【選定ポイント】他のセキュリティ対策と組み合わせられること

既にウイルス侵入監視ソフトを全社導入している環境下で、顧客データを扱う専用部署だけに導入したい。同時使用しても機能競合しないことが前提です。
そのうえで、システム出力した個人情報を各ユーザーPCへダウンロードされたあと、各PCからの持ち出しを全面禁止したい。

【決定ポイント】持出操作を禁止しても、これまでの利便性を継続できた

クライアント独立タイプのため、面倒なサーバー構築などがなく、専用部署だけに導入して試せました。試用から結果判断まで、スピーディに行え満足です。
懸案だった他社ウイルス侵入監視ソフトとの併用も大きな問題はありませんでした。(※他社ソフトのセキュリティ技術との相性になるためすべてのセキュリティソフトと共存できるものではありません。各検証が必要です)
要件のシステム出力データの持ち出し禁止については、コピー・印刷禁止だけでなく、メール送信やWEBアップロード、画面キャプチャー、プリントスクリーンなど流出につながる操作を、管理画面でまとめて禁止設定でき便利でした。

重要領域からのすべての持ち出し操作を禁止設定

コプリガードは、PC内のフォルダを重要領域に設定することで、領域外への持ち出しが一切禁止されますが、領域内であれば保存やデータ加工は可能なため、今までどおり出力データを流用した書類作成は問題なくでき、これまでの利便性を損なうことがありませんでした。操作性・利便性を変えないということは、業務効率上、重要なポイントです。

<導入製品>
「コプリガード」は、パソコンやファイルサーバーからのファイルコピー/印刷/画面キャプチャー操作などを禁止する情報漏洩対策ソフトウェアです。
製品詳細はこちら

※記載された製品名または社名は、各社の商標または登録商標です

ほかにも目的や規模に応じたセキュリティ対策ソフトを揃えています

ファイルサーバーで情報を共有 コプリガード

あらゆる漏洩ルートを遮断

最も汎用性の高い、情報漏洩対策ソフトです。ファイルサーバーからのコピーや印刷など持ち出しを一切禁止します。

Webシステムで情報を共有 パイレーツバスター

ブラウザーの機能を制御

業務系Webシステム向けの情報漏洩対策ソフトです。ブラウザーからのファイルダウンロードを一切禁止します。    

メール・クラウドで情報を共有 トランセーファー

暗号化でセキュアに共有

ファイル配布時の不正利用を防ぐ情報漏洩対策ソフトです。社内外の配布先で閲覧に限定し、編集や印刷を禁止します。

ただいま、電話相談 実施中! 資料請求、ご質問、評価版のお申込みも承ります! フォームからのお問い合わせ