情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

19/06/17

ご来場ありがとうございました<「Interop Tokyo 2019」に出展>

2019年6月12日~14日の3日間、東京ビッグサイトにて開催されました「Interop Tokyo 2019」へのご来場ありがとうございました。

最新のICTとそのソリューションを体感できる、国内最大級のITイベントにおいて、弊社ブースにも多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。おかげさまをもちまして、無事盛況のうちに終了することができました。心より御礼申し上げます。

Interop Tokyo 2019 ブース弊社は、「内部不正」「情報流出」の情報漏洩対策ソフトウェアとして、新製品「トランセーファー PRO / BASIC」をはじめ、「コプリガード」、「パイレーツバスター AWP」4製品をご説明いたしました。少しでもご来場いただきました皆様のお役にたつことができましたら幸いです。

さらに皆様のご要望にお応えできるように努力してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

出展した製品

新製品「トランセーファー PRO」

ファイル暗号化&利用制御ソフト「トランセーファー PRO」

◆ファイル暗号化&権限制御ソフト「トランセーファー PRO」
「ファイル暗号化」と「権限制御」により、ファイルの不正利用を防止します。権限を付与されたユーザーだけが権限どおりに利用し、安全にファイルを共有できます。サーバー管理機能により、ユーザー認証やログ取得、管理者による即時利用停止など、厳格な管理・対処を実現します。 →製品詳細はこちら
◆「トランセーファー BASIC」製品詳細はこちら

「コプリガード」「パイレーツバスター AWP」

コピー&プリント禁止ソフト「コプリガード」

◆コピー&プリント防止ソフト「コプリガード」
コピーや印刷を利用制御し、ファイルサーバーやPCからのファイル持ち出しを簡単に禁止できる製品です。
大がかりな制御システムと違い、管理サーバーを使用せずクライアントのみでファイル持ち出し禁止できる点に評価いただいています。運用中のシステムに組み合わせて必要部署だけ導入するなど、スモールスタートが可能です。  →製品詳細はこちら

Webコンテンツ保護システム「パイレーツバスター AWP」

◆Webコンテンツ保護システム「パイレーツバスター AWP」
Webシステムで業務遂行・情報共有する多くの企業様では、「Webシステム上のファイルの持ち出しや不正利用」がセキュリティ課題です。本製品は、運用中のWebシステムに組み合わせるだけで、Webコンテンツのダウンロード(保存)/コピー/印刷を禁止できます。サーバー構築が簡単ですぐ導入できる、利用者の操作負担なく使いやすいなど、運用面も評価いただいています。 →製品詳細はこちら