企業向け情報漏洩対策ソリューション

機能のご紹介

コプリガードは、メニューやキー操作を制御して、コピー・保存・印刷などの二次利用を禁止する情報漏洩対策ソフトウェアです。

※「スタンダード版」で利用する「ポリシー作成ツール」の設定画面でご説明します。
「サーバー管理版」では管理サーバーの「システム設定」で行うためUIは異なりますが、機能は同じです。

あらゆる漏洩ルートを制御

サーバーからのファイルコピー・保存を禁止

サーバーやパソコンからのファイルコピーを禁止

コプリガードは、ファイルサーバーや固定ドライブのフォルダーを「重要領域」として指定することで領域内を保護する一方、領域外(ローカルや外部)へのファイル持ち出し操作を禁止します。

持ち出し禁止する動作
・ファイルコピー禁止、メール添付禁止、Webアップロード禁止
・メニュー操作、キー操作、ドラッグ&ドロップ操作によるコピー、切り取り、貼り付けを禁止

外部メディアでの持ち出しを禁止

外部メディアへのファイルコピー/保存を禁止

コプリガードでは、USBメモリーやスマートフォン、タブレットなど、個人所有メディアを使ったファイル流出も防止できます。それらのメディアをあらかじめ「外部領域」として指定しておくことで、外部領域へのコピーや保存を禁止できます。また、Bluetooth通信、赤外線通信でのファイル持ち出しも禁止できます。

禁止対象となる外部デバイス
USBメモリー・ポータブルデバイス(スマートフォン、タブレットやデジタルカメラ)・リムーバブルディスク・CDドライブ・FD・ネットワークフォルダーなど

データコピー・印刷禁止・画面キャプチャーを禁止

コピー/画面キャプチャー/プリントスクリーン/印刷を禁止

コプリガードは、データのコピー・印刷操作を禁止して二次利用を防止します。印刷はプリンター出力だけでなく、デジタルファイル出力も禁止します。また画面キャプチャーソフト、プリントスクリーンキーも禁止して、画面データを保護します。

PC画面上で禁止する操作
・データコピー禁止、印刷禁止、画面キャプチャー禁止、プリントスクリーンキー無効化
・メニュー操作、キー操作、ドラッグ&ドロップによるコピー、切り取り、貼り付けを禁止
・画面キャプチャーソフト5,500種以上を禁止
・印刷操作はプリンター出力、デジタルファイル出力を禁止

アプリケーション単位で個別に制御可能

特定アプリケーションのみを制御可能

「特定の業務アプリだけコピー・印刷を禁止したい」「特定のリモートツールだけは利用を許可したい」など、アプリケーション単位での利用制御にも柔軟に対応しています。

透かし文字を挿入して不正持ち出しを抑制

透かし印刷

コプリガードでは、印刷許可されたファイルには、透かし文字を設定することができます。万が一、重要ファイルが印刷され流出したとき、利用者情報(ログインユーザー名など)の印字があることで流出元を特定できます。また同時に、重要な印刷物を取り扱う意識を高め、普段から不正な持ち出しを抑制する効果があります。

※画面上での閲覧時には表示されません。印刷時に印刷されます。

制御のベース「保護ポリシー」の作成や更新が簡単

テンプレートから選ぶだけで保護ポリシーを作成

テンプレートから選ぶだけで禁止ポリシーが完成

コプリガードは、コピーや画面キャプチャーなど、どの操作を禁止するか設定した保護ポリシーに基づいて制御します。企業の流出対策に必要なポリシーをテンプレートとして用意しているため、選ぶだけで基本の保護ポリシーを作成できます。さらに、設定をカスタマイズして、自分の要件に合うように調整することも可能です。

部署や役職で保護ポリシーを変えられる

ログインユーザーごとに利用制御

重要ファイルの種類や性質によっては、部署や役職ごとに利用権限を変える必要があります。
コプリガードでは、「一般社員はコピーだけ禁止」「契約社員はコピー・印刷を禁止」など部署や役職で異なるポリシーを設定でき、ワークフローに合わせて柔軟に運用できます。

保護ポリシーの一斉配布が可能

保護ポリシーは利用者PCでインスト―ラーを実行するほか、配布ツールやActive Directoryを利用した一斉インストールも可能です。利用者数が多く保護ポリシーを展開する負担がある場合に便利です。サイレントインストールも可能です。

異動時の保護ポリシー更新も容易

利用者の異動に伴い、保護ポリシーの変更が必要な場合も、更新は容易です。

スタンダード版では、あらかじめ[再読み込みポリシーパス](以下、パス)を指定しておくと、利用者PCログイン時にパスから最新の保護ポリシーを読み込むことができます。また、一台のPCを複数で共有している場合は、パスの指定によりログオンユーザーごとに異なる保護ポリシーを適用できます。

※パスは共有フォルダーやシステムフォルダーも指定可能です。Active Directoryのグループポリシーで、ログオンスクリプトを利用したポリシー適用も可能です。

ログインユーザーごとに利用制御

サーバー管理版では、保護ポリシーの更新はサーバーから容易に行えます。サーバー管理版は、保護ポリシーやユーザー/グループ/端末を、サーバーで一元管理する製品です。

※ただし、初回のポリシー配布については、利用者PCでインストーラーを実行するか、もしくは配布ツールやActive DIrectoryで配布することが必要です。詳しくは導入フローでご確認ください。

保護ポリシーの不正解除にも対策できる

保護ツールの停止やアンインストール対策も可能

保護ポリシー設定時にアンインストールパスワードを設定しておくことで、利用者PCに配布された保護ポリシーの不正解除を禁止できます。利用者PCで保護ツールのアンインストールが実行されると、パスワードが要求されます。また、不正にプログラム削除やレジストリー改変することも禁止できます。

ログ機能も装備

利用者の操作をログ取得

利用者PCで、利用者の操作などを記録した、管理ログを取得しています。万が一の流出時には、管理ログで不正な操作を確認できます。また普段利用時は、ログ記録を利用者に周知することで、不正利用の抑止力になります。

利用者の操作を記録する「管理ログ」を取得

利用者側にも使いやすく

禁止時に制御メッセージが表示される

コピー禁止

保護ポリシーで禁止された操作を実行した場合、禁止されたり無効にされたりします。PC画面下部にデータ保護のメッセージが表示され、利用者は一目で禁止状況を把握できます。

※Windowsのシステム設定で、「通知」や「CopriGuard TasktrayTool」をオンにすることが必要です。

制御状態がタスクトレイで確認できる

保護ツールメニュー
コプリガードの保護状態
重要領域からのファイル読み込み

利用者PCのタスクトレイに表示されたコプリガードのアイコンから自分の保護状態やポリシー内容を確認できます。また、重要領域のファイルを読み込むと、黄色のインジケーターが表示され(通常は緑)、制御ファイルを利用していることが一目で把握できます。

制御ファイルを持ち出し申請できる

持ち出し承認機能

重要領域のファイルは厳格に制御されますが、領域外へ持ち出しが必要になる場合は、持ち出し承認機能を利用できます。利用者の申請→管理者の承認を経て、領域外でもファイル利用できるよう、運用に柔軟性を持たせました

どのような製品か動画でご紹介

コプリガードの概要や利点を、1分半の動画にまとめました。どうしてコプリガードが必要なのか、どう情報漏洩を防止するのか、すぐご理解いただけます。

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=S7GCmkfLIjo?rel=0]
(再生時間 1分22秒) (※コプリガード スタンダード版で説明しています)

※「スタンダード版」をベースに、サーバーでの一元管理機能を付加した製品が「サーバー管理版」です。

コプリガードの特長、比較、導入分野をご紹介

企業の情報漏洩対策ソフトとして多くのお客様に採用されている、その特長や、比較、導入分野をご覧いただけます。

ただいま、電話相談 実施中!

お問い合わせ先

資料請求、ご質問、評価版のお申込みも承ります!

資料を今すぐ
ダウンロード!

  • カタログ(PDF / 見開き)
  • 説明資料(PDF / 28P)

機能や価格をご説明しています。お気軽にお申込みください。

ご質問も
ご遠慮なく!

このようなご質問をいただいています。

  • 社内サーバーの設計ファイル(PDF)をコピー禁止にできますか?
  • 自社開発の経理システムのデータを持ち出し禁止にできますか?

評価版もすぐ
ご提供します!

  • 評価版は「サーバー不要タイプ」をご提供します。
  • 提供方法: プログラムのダウンロード。URLをメールでご連絡します。
  • 利用期間:1か月
  • ライセンス:無制限
  • 動作環境:Windows 11 / 10

機能や操作性をお試しください。

もっと詳しく

機能のご紹介

機能のご紹介 詳細はこちら

製品タイプ

製品タイプ 詳細はこちら

導入フロー

導入フロー 詳細はこちら

動作環境

動作環境 詳細はこちら
To top