情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

コプリガードの利用フロー

「コプリガード」の使い方は、管理者が保護ポリシーを作成し、それを基にしたインストーラーを出力して、利用者のPCにインストールします。
ポリシーの作成やインストーラーの出力は、専用ツールで手軽に行えます。
コプリガードの利用フロー

1.「保護ポリシー」を作成する(システム管理者)

まず管理者が「ポリシー作成ツール」を利用して、すべてまたは特定のアプリケーションの、どの操作を禁止または許可するか、を指定して、用途や目的に応じた「保護ポリシー」を作成します。
テンプレートから選ぶだけで作成できます。

2.「保護ツールのインストーラー」を作成して配布する(システム管理者)

次に「ポリシー作成ツール」の「インストーラー作成」から、1.で作った「保護ポリシー」を選び、「保護ツールのインストーラー」を作成します。それを利用者に配布します。
※配布ツールによるサイレントインストールも可能です。

3.「保護ツール」をインストールする(システム管理者・利用者)

2.で作成された「保護ツール」を、利用者のパソコンにインストールします。
また、保護ツールは、サイレントインストールに対応しています。配布ツールでクライアントへの自動インストールが可能です。禁止ポリシーの更新は、Active Directoryのグループポリシーを利用して更新もできます。

利用者は、普通にパソコンを利用するだけで、「保護ポリシー」で設定されたとおりに、コピー/印刷操作が制御されます。

導入やご購入について、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6257-3837
平日 9:00-17:30(土・日・祝日、指定営業日除く)
オンラインフォームはこちら