情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

15/04/19

情報セキュリティ対策セミナー開催(5月19日)

事例でわかる!ECMや文書・図面管理システムのリスクと対策。セミナーにて

2015年5月19日(火)に開催する、情報セキュリティ対策セミナーのご案内です。

このセミナーで解説するのは。

貴社では、もう文書・図面管理システムやECMの構築はお済ですか?構築したけれど、文書や図面自体のセキュリティ対策に課題を残している企業様、多いのではないでしょうか?

そんな課題に対して、今、「ファイルの情報漏洩対策」を実施する企業が増えています。個人情報や企業情報の流出が大事件となる昨今、企業資産である文書や図面に対するセキュリティ対策を重要視する経営者・企業担当者が増えてきたからです。

そんな経営者や企業担当者の方に、「文書や図面ファイルの外部流出を、どうやって、安全に、効率的に防ぐのか」を、事例を交えて、詳しく解説いたします。
また、タブレットからのアクセスに対策できる方法もご紹介します。

弊社からのご提案は。(事例入り)

システムで管理するファイルに対するセキュリティ対策では、「そのシステムに手を入れる必要はないのか?」「手を入れると費用が膨大になるのでは?」「設定が面倒ではないのか?」など、導入や運用の不安が大きいものです。

弊社では、お使いの文書・図面管理システムを改変することなく、コンテンツを保護できる情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster for Active WebPage」(略称 AWP)をご説明いたします。
実際にどうやって、Webシステム上の図面や文書を保護できるのかという仕組みについて、デモを交えて解説いたします。

文書・図面管理システム(オーシャンブリッジ社)と「AWP」を組み合わせた事例もご紹介しますので、よりリアルに感じていただけることでしょう。ぜひ、その目でお確かめください。

パイレーツバスター フォー アクティブ ウェブページ(AWP)

Web上で公開する文書や図面(PDFやOfficeなど)を安全に共有したいという課題をお持ちの管理者様にご覧になっていただきたい製品です。システム改変不要で、Webコンテンツの情報漏洩を防止する「AWP」(エーダブリューピー)は、フィルター型サーバーを、お使いのWebシステムに組み合わせるだけ。面倒がなく、効率よく社内セキュリティが構築できます。
他にも、今までの全社導入システムでは守れなかった部分に、AWPを組み合わせることで、セキュリティ精度を高めることができるなど、この柔軟さが、これまでお客様から大変ご好評いただいてきました。

日程など詳細。

(セミナータイトル):
「文書・図面管理システム内にあるファイル流出を防ぐ!」
~暗号化とは異なるもう一つの情報漏えい対策とは~

https://www.oceanbridge.jp/event/form/sem_20150519.html

  • 日時 :2015年5月19日(火) 15:00~17:00 (14:40~受付)
  • 会場 :株式会社オーシャンブリッジ セミナールーム (JR・渋谷駅下車徒歩7分)
  • 定員 :25名  ※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
  • 費用 :無料
  • 主催 :株式会社オーシャンブリッジ

ご参加は。

参加費は無料です。ただ、定員になり次第、受付を締め切らせていただきますので、ご興味のある方は、今すぐお申し付けください。

ECMや文書・図面管理システムの管理・運用のご担当者の方、それらシステムの販売・導入・運用担当パートナー、SIベンダーの方にも参考になるセミナーです。

オーシャンブリッジの「セミナー概要+お申込み」ページにジャンプしますので、そこのフォームからお申込みください。

皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

お問い合わせ窓口
info@tsslk.jp
TEL:03-6264-0573