情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

22/03/22

【対応状況】Adobe Acrobat DC / Reader DC(22.001.20085)

Adobe社から2022年3月7日に提供開始された「Adobe Acrobat DC / Reader DC(22.001.20085)」への対応状況についてご案内します。
※ご参考:Adobe社リリースノート

2022/3/22現在、対応完了しました。お客様にはご迷惑をおかけいたしました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

弊社対象製品の対応状況  ※2022年3月22日現在

Adobe Acrobat DC / Reader DC(22.001.20085)がインストールされた環境で、以下弊社製品の対応を行っております。

「トランセーファー BASIC」
「トランセーファー BASIC 暗号化SDK」
「トランセーファー PRO」

  • <対応完了>:「トランセーファー BASIC」「トランセーファー BASIC 暗号化SDK」
    閲覧ツール「TSViewer Ver.4.0.3」で対応しました。(2022年3月15日リリース)
    ※暗号化ツールの変更はありません。
  • <対応完了>:「トランセーファー PRO」
    閲覧ツール「TSPViewer Ver.3.0.1」で対応しました。(2022年3月22日リリース)
    ※閲覧ツール以外の変更はありません。
  • ※ご参考:トランセーファー「TSViewer Ver.4.0.2」「TSPViewer Ver.3.0」での確認現象
    閲覧 および 閲覧印刷モードでPDF文書を閲覧しようとした際、
    「対応しているバージョンのAdobe ReaderまたはAdobe Acrobatが必要です。エラーコード:0x21002007」
    というメッセージが表示され、閲覧することができません。 

    ※上記メッセージが表示された場合の対処法:
    トランセーファー BASIC Ver.3.1以上 / 暗号化SDK Ver.2.1以上 / PROを、Windows 11/10でご利用の場合は、暗号化PDFファイルの簡易表示機能により、PDFファイルを閲覧することができます。上記メッセージの下部に、
    「簡易表示が可能です。簡易表示しますか? ※正常に表示できない場合があります。
    [はい][いいえ]」

    というメッセージが表示されますので、[はい]をクリックすると、「TSViewer」および「TSPViewer」で暗号化PDFファイルを簡易表示できます。
    (ただし、すべての暗号化PDFファイルの表示を保証するものではありません)

「パイレーツバスター AWP」

  • 動作確認を完了しました。現行バージョン「パイレーツバスター AWP Ver.11.2.1」で、問題なくお使いいただけます。

 

お客様にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

 


更新履歴

  • 2022/3/22:トランセーファー PROの対応を完了しました。
  • 2022/3/15:トランセーファー BASIC / 暗号化SDKの対応を完了し、対応状況を更新しました。
  • 2022/3/10:パイレーツバスター AWPの動作確認を完了し、対応状況を更新しました。
  • 2022/3/8:本ページを公開しました。