情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

トランセーファー PROの機能

「トランセーファー PRO」は、社内で共有する重要ファイルを「暗号化」「認証」「権限制御」で保護する情報漏洩対策ソフトウェアです。ファイルの運用ポリシーを反映した「暗号化セット」を使って、簡単に暗号化できます。使いやすい操作性と、厳格な管理機能を兼ね備え、社内の情報漏洩を防止します。

「暗号化」「認証」「権限制御」によって、不正利用につながる操作を禁止

「トランセーファー PRO」は、どの種類のファイルを、だれに、どの権限(閲覧/閲覧印刷/復号)で利用許可するか設定して暗号化し、許可した権限以外の利用を禁止します。

ファイルに設定された権限以外の利用を禁止。

ユーザー認証により、不正ユーザーの利用を防止
暗号化されたファイルは、開くときにサーバーでユーザー認証を行います。認証が通らない場合はファイルを開けません。正規ユーザー以外の不正利用を防止します。
ユーザー認証により、不正利用を防止

コピー/印刷/編集/保存操作を禁止
閲覧のみ許可されたファイルでは、コピー/印刷/編集/保存操作などを禁止します。許可されていない操作による情報漏洩を防止します。
コピー・印刷・保存などのメニューやキー操作を実行しても無効に

画面キャプチャー操作を禁止
画面キャプチャー(プリントスクリーン/キャプチャーソフト)操作を検知して、暗号化ファイルを保護画面にします。画面キャプチャーによる情報漏洩を防止します。
画面キャプチャー操作を禁止
キャプチャー操作(プリントスクリーン、キャプチャーソフト)を禁止

「暗号化セット」を使った暗号化により、統制ルールでファイル管理。

ファイルの利用権限や有効期限などを、「暗号化セット」としてひとまとめに設定できます。「暗号化セット」を使った暗号化により、統制したルールで社内ファイルを一元管理します。権限変更したい時も、「暗号化セット」を変更するだけで、紐づく暗号化ファイルを一斉に変更できます。

ファイル管理ポリシーを反映した「暗号化セット」で暗号化。

ファイル種類や利用者ごとの権限制御を、「暗号化セット」に設定。
たとえば、
・「社内規定は全社員に閲覧のみ許可」→全社閲覧用暗号化セット
・「技術文書は開発部門のみ閲覧印刷まで許可」→開発部用暗号化セット
・「管理者はどの文書も復号許可(禁止なし)」→管理者暗号化セット
など、ファイル管理ポリシーを反映した「暗号化セット」を使うことで、ファイル管理をスムーズに統一できます。
ファイルに、だれが、どんな権限(印刷や編集)を許可するか設定

「暗号化セット」にファイルをドラッグ&ドロップして暗号化。
ファイルの暗号化は、権限が設定された「暗号化セット」を使用します。「暗号化セット」にファイルをドラッグ&ドロップするだけで、誰でも簡単に暗号化できるしくみです。
暗号化セットにより、統一ルールで利用制御できる

端末限定、ファイル有効期限、透かし印刷で、よりセキュリティアップが可能。

「トランセーファー PRO」は、使いやすい操作性だけでなく、要望に合わせてよりセキュリティをアップする機能も装備しています。

初めから使わせない機能、使用後の安全性を高める機能、事前に抑制する機能を装備。

特定の端末以外のファイル利用を禁止に
端末限定機能により、登録端末以外でのファイル利用を禁止することができます。
・「社内の特定端末だけでファイルを利用させる」
・「モバイル用PCや自宅PCでのファイル利用を禁止する」
・「特定ユーザー(に紐づく端末)だけにファイルを利用させる」
など可能です。
万が一、認証アカウントが流出した場合も、登録端末以外ではファイルを開けないため、情報漏洩を防止します。
特定の端末以外のファイル利用を禁止に

ファイルに有効期限を設定、自動削除も可
ファイルには有効期限を設定できます。期限が切れたファイルは利用できません。自動削除も可能で、より安全性を高めます。
ファイルに有効期限を設定。期限切れ後は自動削除

透かし印刷で不正な印刷持ち出しを抑制
ファイルにログインユーザー名や印刷日時など、透かし印刷を設定することで、不正利用の抑止効果が期待できます。※「閲覧印刷」権限が設定されているときのみ有効です。
透かし印刷で不正抑止効果

不正発覚時は、管理者側で即利用停止しログ追跡が可能。

不正発覚時にはその対処スピードが事件規模を左右します。「トランセーファー PRO」は、ユーザー情報やファイル情報をサーバーで一元管理しているため、管理者側で利用停止やログ追跡が可能です。

情報漏洩防止に求められる厳格でスピーディな対応が可能。

利用履歴をログで管理し、状況確認や追跡がしやすい
どのファイルを、だれが、いつ、何をしたのか、利用履歴をログで管理しています。ログの絞り込み機能が使いやすく、利用状況の確認、追跡をスムーズに行えます。
利用履歴をログで管理し、状況確認や追跡がしやすい

万が一の不正発覚時には、即座にファイルを利用停止
万が一、ファイルを持ち出されても、管理者側でユーザーを即時利用停止にできます。また、サーバーを社内で運用することで、ファイルが不正流出しても社外では開けないようにできます。
ファイル流出時は、管理者による対処が可能

管理者の運用管理がしやすい機能を装備。

「人事異動のたびにユーザーやファイル権限の変更に手間がかかる」「緊急時にどう対応したらいいか不安」など、管理者の負担はつきません。「トランセーファー PRO」なら、人事異動や退職時にも管理者側でファイルの権限変更や利用停止をスムーズに行えます。

通常運用、組織改編、緊急時も、柔軟かつスムーズに対応。

社内ポリシーに応じたセキュリティ設定が可能
パスワードルール(文字数、利用文字)、パスワード有効期限、リトライ回数などを、社内の運用ポリシーに応じたセキュリティ設定が可能です。
社内ポリシーをセキュリティ設定に反映
人事異動・退職時の権限変更や利用停止が簡単
運用中の暗号化ファイルを、管理者が権限変更・利用停止できます。「異動した新メンバーに部外秘ファイルを利用させたい」「退職者にファイルを利用させたくない」など、柔軟な権限変更作業もスムーズに行えます。

サーバー破損時もレスキューツールで暗号化ファイルを救済
万が一、サーバー破損などでファイル管理情報を喪失する事態になっても、暗号化ファイルを復号できる仕組み(レスキューツール)によりリカバリーが可能です。※事前にレスキューキーの登録作業が必要です。

その他にも、セキュリティを高め、使いやすい機能を装備。

  • 電子政府推奨の暗号化アルゴリズム AES256bit、ECDHを採用。

  • 復号の場合は、暗号化ファイルを「再暗号化モード」で開き、編集後は自動で再暗号化。暗号化し忘れ防止で、常に安全な状態を継続。

  • 画面キャプチャー機能を持つソフトは使用できない仕組みだが、業務上の使用が必須な場合はイレギュラーで許可設定できる機能を装備。

  • メモ代わりのメッセージをファイルに設定。

など、安全性を高めた使いやすい環境を実現しています。

導入やご購入について、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6257-3837
平日 9:00-17:30(土・日・祝日、指定営業日除く)
オンラインフォームはこちら