情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

トランセーファー PROの利用フロー

「トランセーファー PRO」の「システム管理」「暗号化」「閲覧」操作はスムーズに行えます。社内の誰もが、必要に応じて、ファイルを暗号化したり閲覧したりできる製品です。

1.<管理者>運用ポリシーの策定、サーバーの構築や設定など事前準備

事前に利用ユーザー、暗号化対象ファイル、管理方法など運用ポリシーを策定しておきます。ポリシーサーバーを構築し、システム管理者の登録、ライセンス登録などを行います。運用ポリシーに沿って、システム設定、レスキューツール、ユーザー情報、自動暗号化フォルダー、暗号化セットなどを登録します。利用者にツール配布や運用方法の連絡を行い準備完了です。
システム構築・事前準備(管理者)

2.<管理者>自動暗号化フォルダーの設定

ファイルサーバーに自動暗号化フォルダーを準備します。ファイルサーバーにツールをインストールし、暗号化したいフォルダーを監視フォルダーとして登録し、暗号化セットを設定したあと、フォルダーの監視を開始します。
※暗号化セットは、ファイルの利用範囲(ユーザーやグループ)、権限(コピーや印刷などの許可・禁止)、保存先フォルダーなどの設定情報です。
自動暗号化フォルダーの設定(管理者)

3.<暗号化者>自動暗号化フォルダーの利用

共有フォルダー内のファイル暗号化には、自動暗号化フォルダーを利用します。自動暗号化フォルダー(監視フォルダー)にファイルをドロップするだけで、自動暗号化されます。
自動暗号化フォルダーの利用(暗号化者)

3.<暗号化者>暗号化ツールで手動暗号化

暗号化ツールを使って、手動で暗号化することもできます。暗号化セットを選び、ファイルをドロップして暗号化します。できた暗号化ファイルを利用者に配布・共有します。
※暗号化セットは、ファイルの利用範囲(ユーザーやグループ)、権限(コピーや印刷などの許可・禁止)、保存先フォルダーなどの設定情報です。
※暗号化ツールアイコンへの直接ドロップや、右クリックメニューによる暗号化方法もあります。

暗号化ツールで手動暗号化(暗号化者)

4.<利用者>暗号化ファイルの利用

暗号化ファイルを利用するには、暗号化ファイルをダブルクリックします。ユーザー認証情報(ユーザーIDとパスワード)を入力するだけでファイルが開き、ファイルに設定された権限どおりに使えます。
暗号化ファイルの利用(利用者)

 

製品の動作環境については、トランセーファー PROの動作環境でご案内しています。

 

製品の機能や運用についてご質問があるお客様は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

導入やご購入について、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

050-1748-1144
平日 9:00-17:30(土・日・祝日、指定営業日除く)
オンラインフォームはこちら