情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

12/07/30

極秘プロジェクトメンバー間のみ情報共有して情報漏洩対策 [製造業](精密機器)

製造業で重要プロジェクトを極秘遂行するための対策を探されていました。

情報を特定メンバー以外に漏洩しないようにしたい

社内の特定メンバーで極秘プロジェクトを進めていましたが、プロジェクトの情報がメンバー以外に漏洩しないようにしながら、必要な情報はスムーズに共有できるように管理する手段を探していました。

シークレットグループの運用で極秘情報を共有

導入ポイントは以下の点でした。

  • シークレットグループを設定して、他の社員には極秘で情報を運用できる
  • シークレットグループメンバーだけ、利用権限を付与して情報共有

シークレット機能で、特定メンバーの情報共有がスムーズにできた

「パイレーツバスター Doc」のユーザ管理では、極秘プロジェクト名で管理するグループ名やその所属メンバーを、所属メンバー以外に見せない設定(シークレットグループ)にできました。

極秘プロジェクトの所属メンバーだけでグループを作り、関連資料の利用権限をメンバーだけに付与して、メンバー以外は利用できないようにして運用しました。社内で極秘に進行しながら、メンバー間では必要な情報共有が可能になり、内部からの情報漏洩防止に有効だと評価しました。

<導入製品>
・パイレーツバスター Doc 基本パッケージ+保守
・パイレーツバスター Doc ユーザライセンス100+保守

「パイレーツバスター Doc」は、ブラウザに表示されるワード/エクセル/パワーポイント/PDF/画像/動画ファイルなどを暗号化し、印刷やコピーなど利用制御して、データの二次利用を防止する製品です。
製品詳細はこちら

※記載された製品名または社名は、各社の商標または登録商標です