情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

12/07/30

GMPにおける文書作成システムからダウンロードしたファイルの情報漏洩対策 [製造業](医薬品)

文書作成システムからダウンロードされるファイルの漏洩リスクが課題となっていた企業様に、導入いただきました。

GMP対応に必須の文書作成、その後のファイル管理の漏洩リスクを懸念していた

当社ではGMP対応が急務となっていました。文書作成(生成)についてはシステム開発の目処がついていましたが、文書作成(生成)後の管理をどうしたらよいか検討していました。文書作成(生成)システムは、Webベースでアップロード/ダウンロードが簡単に使えて便利な反面、ダウンロードされた後の文書の漏洩リスクがネックでした。

ダウンロード後もログ記録やファイル閲覧禁止ができる

導入ポイントは以下の点でした。

  • 文書に印刷不可/コピー不可の利用権限を設定できる。
  • ダウンロード後のファイルアクセスについてログ記録される。
  • もし不正利用を発見した時は即閲覧禁止の措置がとれる。

作成後のファイル管理がスムーズに対応できGMP対応の工数短縮を実現

「パイレーツバスター WebDoc」を評価した点は、システムからファイルをダウンロードする時に、自動的に印刷不可やコピー不可などの利用権限が設定されて暗号化されることです。しかも、ダウンロードされたファイルは、利用権限がない利用者は使うことができない特長が、当社の要望どおりでした。

ダウンロード後のファイルへのアクセス状況は、サーバのログで確認でき、不正を見つけた場合は、ダウンロードされた後でも即座に閲覧禁止の措置をとることで利用できなくすることも、GMP対応上、大きなメリットでした。

しかも、文書作成(生成)システムと組み合わせて利用できる製品だったため、開発中のWebシステムと同時にテストしながら導入まで進行できました。課題であった文書作成(生成)後のファイル管理をスピーディーに解決でき、GMP対応プロジェクトを当初のカットオーバーより期間短縮できました。

<導入製品>
・パイレーツバスター WebDoc ユーザライセンス300+保守

「パイレーツバスター WebDoc」は、Webシステムからファイルがダウンロードされるときに自動的に暗号化し、ダウンロード後のファイルは印刷やコピーなど権限を与えられた人しか利用できず、情報の不正利用を防止するソフトです。
製品詳細はこちら

※記載された製品名または社名は、各社の商標または登録商標です