情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

WebDocのオプション

<本製品は2018年3月末に販売終了しました>

「パイレーツバスター WebDoc」は、Webシステム上のWord/Excel/PowerPoint/PDF/画像/動画/一太郎ファイルなどがダウンロードされるときに、自動的に利用権限(閲覧/印刷/編集/コピー/保存)を付与して暗号化し、第三者の不正利用を防止するソフトです。アプリケーションのメニューやキー操作を制御して情報の二次利用を防止し、社内外でファイルを安全にやり取りできます。
以下のオプション(有償)をご用意しています。
※記載された製品名または社名は、各社の商標または登録商標です。

「Webページ保護 オプション」: Web画面(Webページ)も保護してファイル+画面のトータルで情報漏洩対策

Webシステム上の表示画面(Webページ)からの情報漏洩も防止したい場合は、「Webページ保護オプション」で対策できます。印刷や編集など二次利用に関する操作メニューや、PrintScreenなどのキー操作を制御し、付与された権限以外の機能の利用を防止し情報漏洩させません。JavaScript / ASP / PHP など動的に生成されるhtmlにも対応しています。
導入も運用も非常に簡単で、Webシステムのトップページ配下すべてに対して保護する、営業関係カテゴリのページだけ保護するなど、運用中のWebシステムの構成に合わせて効率的なセキュリティ対策が行えます。

※価格はこちら

「Web認証 オプション」: Web画面(Webページ)の保護をグループ/ユーザー単位で設定する

「Web認証 オプション」は、Web画面(Webページ)の保護を、ページ単位はもちろん、ユーザー/グループ単位で設定でき、より細やかな利用制御を行います。
例えば、極秘情報ページでは役員だけに閲覧権限を付与したり、顧客データのページではサポートセンターに印刷権限を付与し所属メンバーは誰でも利用できるようにしたりできます。
※「Web認証 オプション」の利用には、「Webページ保護 オプション」が必要です。
※価格はこちら

「暗号化モジュール オプション」: 今お使いのシステムに暗号化処理を組み込む

「暗号化モジュール オプション」は、ファイルをDoc形式で暗号化するJavaアプリケーションです。
ファイルを管理するグループウェアや、ファイルをアップロードして利用するようなWebシステムにおいて、アップロード時やダウンロード時に暗号化モジュールを呼び出すことでファイルを暗号化し、その暗号化ファイルをユーザーに利用させるようなシステムを構築できます。
※価格はこちら

「自動復号サービス オプション」: 暗号化ファイルを自動的に復号する

「自動復号サービス オプション」は、指定されたフォルダーを監視し、フォルダー内にパイレーツバスター Doc形式で暗号化されたファイルが存在すれば、ファイルを復号するWindowsサービスです。
ファイルを管理するグループウェアや暗号化ファイルをアップロードして利用するようなシステムから、指定の復号フォルダーに暗号化ファイルを移動することで自動的に復号できます。
※価格はこちら

「一太郎オプション」: 一太郎ファイルを利用制御する

「一太郎オプション」では、一太郎ファイルの印刷/保存など利用権限を制御した保護が行えます。
※価格はこちら