情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

21/07/29

【お知らせ】AWPでのIE 11サポート終了について

先日、マイクロソフト社より発表されました、Internet Explorer 11(以下IE 11)のサポート終了に伴う、弊社パイレーツバスター AWP(以下AWP)のサポートについてご案内します。

マイクロソフト社のIE 11サポート終了について

マイクロソフト社の発表では以下となります。

  • Windows 10におけるIE 11のサポート終了: 2022年6月15日
    (LTSC/LTSBなどの特定バージョンを除く)
  • Windows 8.1におけるIE 11のサポート終了: 2023年1月10日(OS自体のサポート終了日)

IE 11サポート終了に関するマイクロソフト社のお知らせ
IE 11サポート終了に関するマイクロソフト社のFAQ

弊社AWPのIE 11サポートポリシーについて

弊社サポート方針に基づき、弊社AWPでのIE 11ご利用については、上記マイクロソフト社のサポート終了の1年後に、弊社サポートを終了します。

  • AWPでのWindows 10におけるIE 11のサポート終了: 2023年6月15日
  • AWPでのWindows 8.1におけるIE 11のサポート終了: 2024年1月10日(OS自体のサポート終了日)

なお、IE 11サポート終了に伴い、AWPでIE制御ができる「AWP基本パッケージ(IE)」ならびに「ブラウザー追加オプション(IE)」を、2022年12月31日で販売終了とさせていただきます。

今後の代替え案について

現在AWPをIEでご利用のみなさまに、今後IEに替えてご利用いただける2つの方法をご案内します。

(A)制御ブラウザーを Microsoft Edge または Google Chromeで利用する

AWPには、制御ブラウザーを追加できるオプション製品として、以下の「ブラウザー追加オプション」を用意しています。

●「ブラウザー追加オプション(Edge)」または「ブラウザー追加オプション(Chrome)」

AWPに新たにブラウザーを追加する形となります。
IE 利用を中止し Edge または Chromeに切り替える場合も、新たにブラウザーを追加する形となります。保守も、Edge または Chromeについて別途ご契約いただきます。
ただし、利用を中止したIEの保守については、次回の保守更新時に中止を承ります。

※各オプションの詳細は、AWPのオプションAWPの価格をご覧ください。
※オプション製品は、基本パッケージと同数のライセンスとなります。

(B)制御ブラウザーを Microsoft EdgeのIEモードで利用する

マイクロソフト社では、今後もIEを継続する必要がある企業様に対し、EdgeのIEモードを2029年まで継続するとしています。
弊社のお客様からも「AWPをEdgeのIEモードで利用したい」とのご要望をいただき、現在、以下のオプション製品を開発中です。

●「ブラウザー追加オプション(IEモード)」(開発中)2021年9月21日発売

本オプションにより、AWPをEdgeのIEモードで利用できるようになります。AWPに新たにブラウザーを追加する形となります。本オプションの詳細は、以下をご覧ください。
【AWPをIEでご利用のみなさまへ】EdgeのIEモードに対応「ブラウザー追加オプション(IEモード)」2021年9月発売予定