情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

AWPのオプション

「パイレーツバスター AWP」は、ブラウザーのダウンロード(保存)/印刷/コピー/画面キャプチャー/プリントスクリーン操作を禁止する情報漏洩対策ソフトウェアです。
以下のオプション(有償)をご用意しています。各オプションは組み合わせ可能です。
※記載された製品名または社名は、各社の商標または登録商標です。

「Chrome対応オプション」:保護コンテンツをGoogle Chromeで閲覧

AWPで保護されたWebコンテンツをGoogle Chromeで閲覧 <NEW>

AWPの基本対応ブラウザーは、Internet Explorerです。「Chrome対応オプション」によって、AWPで保護されたWebコンテンツをGoogle Chromeで閲覧可能になります。ダウンロード(保存)/印刷/データコピー/画面キャプチャー/プリントスクリーンなどを禁止して不正利用を防止します。
※ライセンス、価格はこちら
保護コンテンツをGoogle Chromeで閲覧
※Google Chromeとの通信経路は、保護文書ファイル(PDF / TIFF / Office / DocuWorks)については暗号化されます。Google Chrome本体で表示される保護コンテンツ(HTML / テキスト / 動画 / 画像など)については暗号化対象外ですが、キャッシュは残さないため安全です。
もし、保護コンテンツ(HTML / テキスト / 動画 / 画像など)をGoogle Chromeとの通信経路でも守りたい場合は、HTTPSの利用をご検討ください。

「クライアント管理オプション」:部署/利用者/端末単位で利用制御

セキュリティ対策では、強固さだけでなく、個々の組織や社内事情に応じて対策できる柔軟性も求められることがよくあります。このような課題をスマートに解決するために、「クライアント管理オプション」をお役立ていただけます。
「クライアント管理オプション」は、Web共有コンテンツに対して、「グループ/ユーザー単位」、「端末単位」での利用制限を実現する製品です。
※ライセンス、価格はこちら
※本オプションは、「ポリシーサーバーオプション」の後継製品です。

コンテンツに対して、グループ/ユーザー/端末単位で利用制御

ユーザー管理機能で、部署や利用者ごとに柔軟な利用制御が可能

「クライアント管理オプション」では、ユーザー管理機能を利用して、コンテンツに対しユーザー/グループ単位で保護設定できます。 たとえば、社内の業務共有サイトに対して、「役員は制限なく利用できることが必要だ」、「アルバイトは閲覧禁止にしたいファイルがある」など、特定の役職者のみ権限を付与するとか、部署により利用権限を変えるなど、より細やかな利用制御を行えます。
Active Directoryとのユーザー連携/認証にも対応し、効率よくユーザー管理が行えます。
ユーザー管理機能で、部署や利用者ごとに柔軟な利用制御が可能
※ユーザー一覧画面
全社閲覧/営業閲覧/開発全権限など、グループ単位で細やかに利用権限を設定可能
※全社閲覧/営業閲覧/開発全権限など、グループ単位で細やかに利用権限を設定可能

端末を限定して権限管理ができる

「社長のPCだけは全権限を使える環境にしたい」場合などは、ユーザー/グループ単位での設定でなく、端末単位でコンテンツの許可/禁止を設定すると便利です。

また、デスクトップ(有線)、デスクトップ(無線)、WindowsノートPC・タブレット など、端末の種類で切り分けて権限管理も可能です。例えば、社内のデスクトップ環境は閲覧/コピー/印刷まですべて許可するが、外出先へ持ち歩くノートPCは閲覧だけなど、運用状況に合わせて、セキュリティを強化することができます。
端末を限定して権限管理ができる
※クライアント端末一覧画面

IPフィルター機能でアクセス制限

IPフィルター機能を利用するだけで、アクセス制限を簡単に行えます。たとえば社外利用を制限したいコンテンツに対し、端末単位で許可/禁止を設定するなど手早く設定できます。

ユーザー登録DBのバックアップやリストア、ログ機能も装備

社員数が多い企業のユーザー管理では、リスク軽減として、データベースのバックアップやリストアも重要事項です。異なるデータベースに構築し直す際も便利です。ログ機能も装備し、万が一のトレースも可能です。

サーバー構築が簡単。評価版ですぐ試せる

通常のサーバー構築というと管理者の負担が大きいイメージがありますが、AWPはサーバー構築を簡単にした製品です。今すぐ試したい、短期導入が必要だというケースにも対応できるスピーディさが利点です。

 

「Office保護オプション」:Word/Excel/PowerPointファイルを利用制御

ブラウザーに表示されたMicrosoft Officeファイルのダウンロードやコピーを防止

「Office保護オプション」によって、ブラウザーに表示されたWord/Excel/PowerPointなどMicrosoft Officeファイルを保護し、ダウンロード(保存)/印刷/データコピー/画面キャプチャー/プリントスクリーンなどによる不正利用を防止します。
※本オプションは、社内イントラネット利用向けです。ライセンス、価格はこちら
「Office保護オプション」でWord/Excel/PowerPointファイルを利用制御

 

「DocuWorks保護オプション」:DocuWorks文書ファイルを利用制御

ブラウザーに表示されたDocuWorksファイルのダウンロードやコピーを防止

「DocuWorks保護オプション」によって、ブラウザーに表示されたDocuWorks文書ファイルを保護し、ダウンロード(保存)/印刷/データコピー/画面キャプチャー/プリントスクリーンなどによる不正利用を防止します。
※本オプションは、社内イントラネット利用向けです。ライセンス、価格はこちら
「DocuWorks保護オプション」でDocuWorks文書ファイルを利用制御

導入やご購入について、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6257-3837
平日 9:00-17:30(土・日・祝日、指定営業日除く)
オンラインフォームはこちら