情報漏洩対策ソフトをご検討のみなさまへ

UFEの機能

「セキュアプライム UFE」は、USBで持ち出すファイルを自動的に暗号化する、USBデバイスのセキュリティ対策ソフトです。

簡単な操作性で誰でもすぐ使え、スピーディに導入可能

USBメモリにファイルやフォルダをコピーしただけで自動的に暗号化

USBメモリにファイルをコピーしただけで、自動的に暗号化されます。ファイルを一つひとつ暗号化する手間がかかりません。フォルダごとコピーしても、中のファイルは自動的に暗号化されます。

ファイル暗号化時にパスワードを設定するだけの簡単操作

ファイルはパスワードが設定されて暗号化されます。たとえUSBメモリを紛失したり(または盗難にあったり)、ファイルが流出しても、パスワードを知らない第三者はファイルを開けません。
※Windows 8での操作は異なります。詳細はヘルプの「使用上の注意 / 制限」ページで「Windows 8での注意事項」をご確認ください。

セキュアプライム UFEの暗号化画面

自動再暗号化でファイルの安全性を継続。暗号化し忘れもなく便利

暗号化ファイルを開くと自動的に復号される

暗号化ファイルは、専用の復号ツールによって、ファイルに関連付いたアプリケーションで自動的に復号されます。使い慣れたアプリケーションでそのままファイルが開くので便利です。
※Windows 8での操作は異なります。詳細はヘルプの「使用上の注意 / 制限」ページで「Windows 8での注意事項」をご確認ください。

ファイルを終了すると再暗号化されて安全性を継続

ファイルを終了すると自動的に再暗号化されるので、手間をかけずに安全性を継続できます。

ファイル終了後は復号ファイルも削除され安心

復号した一時ファイルも残さず削除し、そこからの情報漏洩を防止します。ファイル完全消去ツールなどで行われているゼロクリア(ファイルの中身を0で埋める)を行ってから、通常のファイル削除処理を行っています。

 

「セキュアプライム UFE」の利用例

(例)会社の業務データを暗号化して、自宅で利用したいとき

  • 会社PC: セキュアプライム UFEをインストールし、持ち帰るファイルをUSBメモリにコピーしておきます。(自動暗号化されます)
  • 自宅PC: セキュアプライム UFEの復号ツールをインストールし、USBメモリのファイルを利用します。(ファイル終了時に再暗号化されます)

セキュアプライム UFE 導入/利用イメージ

  1. 会社PCでインストールを実行する
    自動暗号化ツール/復号ツールの各インストーラを実行すると、PCにインストールされます。
  2. ファイルをUSBメモリにコピーする
    自動的に暗号化されます。この時にパスワードを設定しておきます。
  3. 復号ツールを自宅PCにインストールする
    暗号化されたファイルを開くには復号ツールが必要です。
  4. USBメモリ内のファイルを開く
    USB内のファイルを、PCの復号ツールにドラッグ&ドロップすると、パスワード入力画面が開きます。
  5. パスワードを入力する
    暗号化した時のパスワードで認証され、正しければファイルが開きます。
  6. ファイルを終了する
    自動的に再暗号化され(上書き保存)、安全性は保たれます。
※復号ツールをインストールできないPC環境には
復号ツールもUSBメモリで持ち運ぶことができます。
暗号化されたファイルを開くには復号ツールが必要です。セキュリティポリシー的に復号ツールをインストールできない環境や、USBメモリだけを身軽に持ち歩きたい場合は、あらかじめ復号ツールをUSBメモリにコピーしておきます。暗号化ファイルと復号ツールを一緒にUSBメモリで持ち運ぶことで、出先でも簡単に利用できます。

導入やご購入について、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6257-3837
平日 9:00-17:30(土・日・祝日、指定営業日除く)
オンラインフォームはこちら